AX

レッスン日記(重要教材)

英語道・弟子選考試験に挑戦する受講生・M.W.さん

2013-07-31 |

2013年2月末からレッスン受講をスタートした受講生、M.W.さんは、今月末で、当教室で英会話を学び始めて半年を迎えようとしています。

M.W.さんは、毎日、実に精力的に仕事をしており、日々、相当量の残業もあります。フルタイムで仕事をする一方、無論、たくさんの家事もこなしています。そうした日々を送る中、M.W.さんは、常に「自分自身の限界」に挑戦し、レッスン受講に加え、毎日、レッスンの復習に全力を尽くしています。

当教室には、昔も今も、”趣味”で英語を勉強する受講生は一人もいません。常に、受講希望者に対して行う面談では、「自分自身の人生の行く末をかけて、全身全霊で学習に学習を重ねていきたい」という受講希望者のみが選考の対象とされ、適性・人物(人柄)等を慎重に判断し、講師自ら「教室の受講生として受け入れるかどうか」を決定しています。言うまでもなく、M.W.さんも、そうした難関を突破して当教室の受講生となった人のお一人です。

先日、M.W.さんは、これまでの堅実な学習の積み重ねが実り、講師から、「特別追加レッスン」のプレゼントを受けました。

特別追加レッスン(特別稽古)は、本来、(1)「Lesson Extraordinary受講生(特別追加レッスンと呼ぶ)」、及び、(2)「英語道・弟子(特別稽古と呼ぶ)」のみが受講できる”極めて特別なレッスン(稽古)”です。

しかし、一方、通常レッスンの受講生であっても、常に、講師の指導・助言について細心の注意を払い、毎日、学習努力を重ね、ある一定の心のステージに到達した場合は、ご本人の基礎学力・英語力・見識・個性等を慎重に鑑み、ご本人に最も適した内容・方法で「特別追加レッスン」を行うことがあります。

特別追加レッスン(特別稽古)は、講師側の立場から述べると、講師がこれを行うにあたり、通常の60分レッスン(60分稽古)よりもさらに多くの準備・時間・費用等を必要とします。しかし、実際には、”講師の特別な配慮”で、特別追加レッスン(特別稽古)受講に必要な受講料は一切無料としています。”社会的常識”を踏まえて考えてみると理解できることですが、このような”特別な配慮”は、通常の英会話スクールではあり得ません。一定期間にわたって当教室において学んでいる受講生は既に知っていることですが、「特別追加レッスン」(特別稽古)はすべて、全身全霊で勉強する受講生(弟子)に対する講師からのプレゼントとして行っています。(感覚が麻痺し、謙虚な気持ちで感謝することを忘れ、このような”講師の特別な配慮”を「当たり前の機会」と捉えてしまっている受講生(弟子)は、再度、初心に戻り、「講師が堅持する『時間に対する厳格な価値観』」について回顧してみてください。)

このたび、M.W.さんは、「特別追加レッスン」において、以下のような学びの時間を持ちました。

⇒ M.W.さん作成の「特別追加レッスン」についてのリポート

また、先日、M.W.さんから、真心のこもった”季節のご挨拶”を頂戴しました(写真・下)。

先日、レッスンにおいて、M.W.さんから、「英語道・弟子(disciple)の選考試験を受験し、弟子として、さらに自分を磨き抜く日々を送りたい」という意志の表明を受けました。「英語道・弟子の道」は、実際、相当厳しい道です。相当厳しい道ですが、「本物」を目指すには、これ以上の学びの場所はありません。言うまでもありませんが、日本ではもちろん、海外においても、生井利幸が直接指導する英語道・弟子コースと同等のものは存在しません。

現在、英語道・弟子選考試験には、第一次選考試験、そして、第二次選考試験があります。弟子選考試験は、かなり難しい試験です。難しい試験ですが、この試験を突破し、生井利幸の愛弟子として「厳格なる学習環境」に自分の身を置くことで、英語で、「世界レヴェルの英知・美意識」を磨き抜く日々を送ることができます。

「世界で通用するエレガント英語」を具現するには一体どうしたらよいのか、・・・・当・英会話道場イングリッシュヒルズにおいてこのことを最も具体的な教授方法で学ぶには、(1)「英語道・弟子コース」、あるいは、(2)「Lesson Extraordinary」に自分の身を置くことが最も適切であると明言できます。

私は、M.W.さんが、しっかりと事前準備を行い、英語道・弟子選考試験に合格することを心から切望しています。