AX

レッスン日記(重要教材)

「清らかな心のステージ」が綺麗な英語を生み出す

2013-06-28 |

先日、Lesson Extraordinary受講生・Y.B.さんから、大変綺麗な百合(lily)をいただきました。早速、森のギャラリーに飾らせていただき、百合が森のギャラリーに清らかなエネルギーを与えてくれました(写真・下)。

Y.B.さんは、常に、「清らかな心のステージ」で講師のレッスンを受講しています。「清らかな心のステージ」でレッスンを受講すると、綺麗な英語が喋れるようになります。

当教室では、受講生に対して、教室のレッスンを受ける際には、レッスンを受ける直前にしっかりと心の準備をし、心の中の「邪心」「邪念」を取り払ってからレッスンを受けるようにと助言をしています。

「品格のあるエレガントな英語」が喋れるようになるには、”世俗的な知識欲”で頭の中にたくさんの知識を詰め込むのではなく、まずは、英語を喋る本人自身が「心の浄化」(spiritual purification)を図り、「清らかな心のステージ」で英語を発することが、他の何よりも大切な要件となります。実際、講師であるわたくし自身、平日・週末にかかわらず、毎朝早起きをし、たっぷりと時間をかけて「心の浄化」を具現した上で一つひとつのレッスンを行っています。

英語を喋る上で、無論、知識は必要です。しかし、”ローカルな知識欲”だけで英語を学習しようとすると、他者がその英語を耳にしたとき、「耳障りな英語」「不快感を感じる英語」となってしまいます。

他者に対して自分の知識を披露するために英語を喋るのではなく、「他者の心を喜ばせるため」に英語を喋ってみてください。自分自身の心の持ち方次第で、知識自体は同じ量だとしても、コミュニケーションの「質」(quality)は劇的に向上します。