AX

レッスン日記(重要教材)

受講生・H.K.さんが、英語で、”the subtle and profound”(幽玄)の境地を体験しました。

2013-05-18 |

本日は土曜日です。本日も、私は通常通りの精神基盤を堅持し、厳格なる精神で一秒一秒を刻んでいます。

本日は、朝の7:00から、受講生・H.K.さん(男性)が早朝レッスンを受講しました。H.K.さんは、たっぷりと時間をかけて、特別講義ページの文書教材(英語音声講義も同教材内に掲載)、”the subtle and profound”(幽玄)の事前学習を行い、本日の通常レッスンにおいて学習成果を講師に提出。H.K.さんは、レッスンにおいて、銀座書斎が醸し出す「厳格なる静寂の雰囲気」の下、一本の蝋燭を面前として、英語で、”the subtle and profound”の境地を体験しました。

H.K.さんは、本日、レッスンにおいて「幽玄の境地」に到達するべく、朝の4時に起床。まずは、自宅にて、「心の浄化」を図り、瞑想と思索を行いました。

その後、朝の7:00から、教室のレッスンにて「幽玄の境地」を満喫。H.K.さんは、土曜日の早朝において、「この上ない心の贅沢」を味わって週末をスタートしました。

以下において、H.K.さんが心を込めて作成したノート(教材用)をご紹介します。

⇒ 受講生・H.K.さんが試みたthe subtle and profound(幽玄)についての学習(PDF)