AX

「心」で英語を感じ、「心」で英語を喋る

受講生・T.A.さんは、幼少の頃から「感じやすい性格の持ち主」。感じる力、少し難しい言葉を用いると、それは「感性」(sensibility)。
 
レッスンでは、講師が、受講生の個性・持ち味・人生経験等を注意深く捉え、暗記学習ではなく、受講生自身が、「『講師が喋る英語』を英語で感じ、そして、無理なく英語で考える」という一連の経験を積み重ねていきます。レッスンでは、常に、「少しずつ、自然な形で、美味しい英語を味わっていく」という教授法が行われます。
 
⇒写真をクリックすると、受講生・T.A.さん執筆の「受講生の声」を閲覧することができます。

言うまでもなく、日本では、「暗記学習」を通して英語を学ぶのが普通の学習方法です。しかし実際、暗記で学んだ英語は、後に、そのほとんどすべてを忘れてしまいます。

なぜならば、単に暗記で英語を覚えても、そうした学習プロセスにおいては“何らの印象深い学習経験”もないため、英語の一語一語が学習者の心の中に浸透することはないからです。

残念な事実ですが、学習者の心の中に浸透しない英語は、後に、そのほとんどすべてを忘れてしまい、そうした学習経験を何年続けてもいっこうに英語が「自分の言語」となることはありません。

英語をしっかりと自分の心に浸透させ、「英語の一語一語」を「自分の一語一語」とする方法はたった一つしかありません。

その方法とは、英語を学ぶプロセス、即ち、実際の英会話レッスンにおいて、講師が喋る英語の一語一語について、「インパクトのある印象」「忘れがたい強烈な印象」を積み重ねていくという学習方法です。

当教室の講師は、長年、米国ペンシルベニア州の大学で教壇に立つ一方、世界の国々で講演・講義等を行ってきた「国内外で最高峰の英日バイリンガル講師」です。

当教室の講師は、一つひとつの英会話レッスン(60分レッスン)において、「たった一人の受講生の前」で「講師自身の心の奥底」から英語の一語一語を発し、すべてのレッスンを「“世界で最も印象深い”英語の空間」としています。講師は、このために、常に、一つひとつのレッスンにおいて“120パーセント”のエネルギーを投入し続けています。

英語は、暗記ではなく、「印象」(impression)で習得するもの。当教室では、すべての受講生において、「講師が『心』で発した英語」を「受講生自身の『心』」で学んでいます。「心で英語を感じ、心で英語を喋る」、・・・あなたも是非、当教室で「心で喋る英会話レッスン」を積み重ね、「品格のあるエレガントな英語スピーカー」になることを目指し、一歩一歩確実に前に進んでいってください。講師は、常に、全力で学ぶ受講生を応援しています。

◆「心」で感じる英語1(レッスン受講スタート時)
通常、レッスン・スタート時は、以下のような基礎英語レヴェルから学んでいきます。
⇒Lesson 1(英語音声)

◆「心」で感じる英語2(レッスン受講から1年後)
レッスンにレッスンを重ねていくと、1年後には、以下のような英語が聴き取れ、講師と楽しく会話ができるようになります。
⇒elegance 2(英語音声)

「心」で感じる英語を満喫する受講生・T.N.さんのノート

2010年8月22日(日)付「レッスン日記」より

受講生・T.N.さんのノート(1)

受講生・T.N.さんのノート(2)

心の中で、しっかりと一秒一秒刻みながら「講師の英語」を吸収する受講生・Y.B.さんのノート

2011年3月22日(火)付「レッスン日記」より

⇒受講生・Y.B.さんの復習用ノート(PDF)

受講生・N.M.さん作成のチャーミングなノート

2010年4月24日(土)付「レッスン日記」より