AX

劇的に、英語力をアップグレードさせた受講生が備える共通点

Lesson Extraordinary受講生・G.N.さんからの心温まるメッセージ

教室の英会話レッスンを受講するそのプロセスにおいて私が最も受講生に望むことは、教室のレッスンにおいて英会話を学ぶ一方、受講生の皆さんには、自分なりに、しっかりと「自分磨き」をしていただきたいということです。言うまでもなく、それぞれの受講生は、日々、多忙な毎日を過ごしています。そうした中、間違いなく、英会話を学ぶことそれ自体、受講生における”確かな自分磨き”となっているといえるでしょう。

私自身、日本・海外で様々な人々と接してきた経験、また、英会話道場イングリッシュヒルズで多くの受講生を教えてきた経験から明確に述べられることは、一定期間で自分なりの成果を出せる人は「ある種の共通点」を持っているということです。ここからは、英会話道場イングリッシュヒルズにおける優秀な受講生が備える共通点についてご紹介します。

当教室において、「英会話をしっかりと習得できた受講生の皆さん」が備える共通点は以下の通りです。

(1)「時間の価値がわかる人である」
(2)「時間は、自分だけでなく、他人にとっても貴重な代物である、ということを理解できる人である」
(3)「人の好意・親切の価値がわかる人である」
(4)「英会話の習得は一般世間で言われているほど簡単ではない、ということに気づいている人である」
(5)「英会話道場イングリッシュヒルズのウェブサイトを隅々まで丁寧に熟読し、英会話習得のための最善の方法について十分に理解できた人である」
(6)「レッスンにおいて講師が出す宿題を丁寧に行う人である」
(7)「英会話は暗記でなく『印象の積み重ね』で習得していくもの、ということを理解している人である」
(8)「ボイスレコーダーでレッスン内容を録音することを教室側が許可している『意味』と『価値』がわかる人である」
(9)「受講生自身、常に、社会常識・マナーを備えた人格者(紳士・淑女)であろうと心掛けている人である」
(10)「国際コミュニケーション能力を養うためには、上辺だけの知識が大切なのではなく、『一にも二にも、人と人とのコミュニケーションにその本質が内在している』ということが理解できる人である」
(11)「喋る言語が何語であっても、言語の一語一語には『深さ』『重さ』がある、という考え方を理解できる人である」
(12)「しばしば『教室の諸規則』を丁寧に熟読し、初心を忘れず『謙虚な姿勢』を堅持して教室で学ぼうとする人である」

ここからは、さらに、当教室において、「『国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道のり』をしっかりと歩めた受講生の皆さん」が備える共通点について述べたいと思います。その共通点とは、以下の通りです。

・・・1・・・
「一般的日本人にみられる、英米人・西洋人に対する憧れの気持ちだけで英語を学ぶ行為は、国際人になるための本当の道のりではい」という考え方を理解できた人。

・・・2・・・
「国際共通語である英語を喋るとき、自分は何人(なにじん)であるということは、あまり大きな問題ではない。国際コミュニケーションにおいて最も重要なポイントは、第一に、自分はこの地球に存する一個の存在者で、「一人の人間」として、他のいかなる国籍・人種・民族などに属する相手を面前にしても、常に、平等に、そして、何らの偏見・差別意識を持つことなく平等にコミュニケーションを図ることが『真の国際人としての最低限の条件』である」ということを理解できた人。

・・・3・・・
「人間の『生』(life)の価値は、個人が備える”能力”や”知識の量”で決められるのではない。真の意味における価値は、毎日の生活において接する一人ひとりの相手とより良いコミュニケーションを図ろうとする行為の中に存するものである」という考え方を理解できた人。

講師の紹介(教育理念、人物、プライベート・ライフ等)

⇒ 講師プロフィール
⇒ 教室の特徴
⇒ 講師の考え方
⇒ 私が、銀座に、“小さな英会話教室”を開いた理由
⇒ 講師のプライベート・ライフ

⇒ 講師としての決意表明
⇒ 劇的に、英語力をアップグレードさせた受講生が備える共通点
⇒ 日本一厳しい英会話教室で、「自分を磨き抜く」という生き方