AX

講師プロフィール

| 講師プロフィール | 私が、銀座に、“小さな英会話教室”を開いた理由 | 講師の考え方 |

生井利幸プロフィール

長年、米ペンシルベニア州ラフィエット大学講師として大学の教壇に立つ一方、アメリカ・ヨーロッパ諸国をはじめ、世界の大学・研究機関において基本的人権保障の研究に従事。国際法律顧問、在ニューヨーク企業・副社長歴任。日本に帰国後は、多方面にわたって本の執筆・講演を行う。現在、生井利幸事務所代表、英会話道場イングリッシュヒルズ代表、国際教養塾塾長。

「心」を込めて丁寧に英語の一語一語を発する、英日バイリンガル講師・生井利幸。レッスンはすべて60分レッスン。講師は、受講生の現在の英語力・個性・持ち味に応じて、ゆっくりと、わかりやすい英語でレッスンを行います。

「心」を込めて丁寧に英語の一語一語を発する、英日バイリンガル講師・生井利幸。レッスンはすべて60分レッスン。講師は、受講生の現在の英語力・個性・持ち味に応じて、ゆっくりと、わかりやすい英語でレッスンを行います。

[生井利幸・略歴]
1964年2月6日生まれ。作家。生井利幸事務所代表。
米国留学を経て、明治大学大学院法学研究科公法学専攻博士前期課程修了。その後、米オクラホマシティー大学大学院にて研究を続ける。財団法人参与を経て、長年、米ペンシルベニア州ラフィエット大学講師、オランダ王国フローニンヘン大学法学部客員研究員等を歴任。11年の海外生活において主にアメリカの大学で教鞭を執る一方、ニューヨークにて企業経営に参画。日本に帰国後、独立。比較法学的に世界各国における基本的人権保障についての研究を続ける一方、学問・文化・芸術的観点から、執筆・講演等を通して精力的に本質的メッセージを発信。現在、国際教養塾塾長、英会話道場イングリッシュヒルズ代表。その他、企業等の顧問を務める。主な著書は、「エレガント英語74」(とりい書房)、「話し方の達人」(経済界)、「人生に哲学をひとつまみ」(はまの出版)、「ちょっとだけ寂しさを哲学すると元気人間になれる」(リトル・ガリヴァー社)、「能天気思考法」(マイクロマガジン社)、「ビジネスでガイジンに勝てる人、負ける人」(飯塚書店)、「妻を愛するということ」(WAVE出版)、「あの人はなぜバリバリと働けるのか?」(同文舘出版)、「その壁は、ちょっとのことで超えられる」(こう書房)、「発想力で新時代を生きる」(ライフ企画)、「30代の仕事の技術」(あさ出版)、「本当のアメリカを知っていますか」(鳥影社)、「仕事で活かす雑談の技術」(同文舘出版)、「酒の飲み方で人生が変わる」(はまの出版)、「喧嘩上手がビジネスで勝利する」(はまの出版)、「日本人が知らない米国人ビジネス思考法」(マイクロマガジン社)等。

⇒ 作家、生井利幸公式サイト
⇒ 生井利幸著『エレガント英語74』特設ウェブサイト

生井利幸は、これまで多方面にわたって単行本を出版してきました。出版してきた分野は、アメリカ論、哲学、人間の生き方、ビジネス一般、コミュニケーション、家族論等です。今後、執筆の柱とするテーマは「人間の尊厳」の探究。生井利幸は、「人間の尊厳」という観点から、特に、哲学・芸術等における様々な問題について述べていきます。

講師・生井利幸

TOEICテスト実施団体、(財)国際ビジネスコミュニケーション協会から取材を受ける講師・生井利幸

⇒ 心で英語を感じ、心で英語を喋る教育

生井利幸が英語で講じる学術講義 (英米の大学・大学院の講義に相当)

憲法⇒ Article 9 of the Constitution of Japan(英語音声講義)
憲法⇒ The Emperor as the symbol of the state(英語音声講義)
憲法⇒ Equality under the law and no recognition of peerage(英語音声講義)
法学⇒ Astronomically speaking, law is a “local” and “simple” science.(英語音声講義)
神学⇒ The genealogy of Jesus Christ Ⅰ(英語音声講義)
神学⇒ The birth of Messiah, Jesus Christ Ⅰ(英語音声講義)
神学⇒ reason given by God(英語音声講義)
哲学⇒ ”cogito, ergo sum” theorized by René Descartes (1596-1650)(英語音声講義)
哲学⇒ Friedrich Wilhelm Nietzsche(1844-1900) said, “God is dead.” Ⅰ(英語音声講義)
哲学⇒ The water in the river naturally flows into the sea.(英語音声講義)
哲学⇒ No scenario is written in human life beforehand.(英語音声講義)
美学⇒ trials and tribulations for the sake of a sense of beauty(英語音声講義)
形而上学⇒ the significance to think the unthinkable to persue the essence(英語音声講義)

メディア掲載

国際会議・講演等

ベルギーで挙行された世界医事法会議・開催レセプションでの生井利幸

生井利幸は、長年、米ペンシルベニア州の大学で教鞭を執る一方、世界中で講演・講義を行ってきました。生井利幸は、これまで多方面にわたって本を出版し、一般社会に対して様々なメッセージを発信してきました。英会話道場イングリッシュヒルズは、国内外における生井利幸の様々な経験を基盤として英語コミュニケーションの神髄を教授する教室。「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガル」として変貌を遂げたい紳士・淑女にとって、当教室は、この上ない最高の学習環境であると明言することができます。

オランダ王国マーストリヒトで開催された第14回世界医事法会議(!4th World Congress on Medical Law)の夕食会で懇談する生井利幸(写真・中央)写真に写っている先生方は、神戸大学大学院法学研究科教授の丸山英二先生(左側・前)、オランダ王国国立フローニンヘン大学法学部のロブ・シュイッターズ博士(左側・後)、日本医師会参与・弁護士の畔柳達雄先生(右側・前)、米アーカンソー大学ロー・スクール教授のロバート・B・レフラー博士(右側・後)、生井利幸(中央)。

著者として、出版記念パーティーで挨拶を行う生井利幸

英語が喋れない人を「喋れる人」に変貌させるための贅沢な完全個人指導

当教室は、英語が喋れない人を喋れるようにする教室です。したがって、教室で学ぶ上で最も大切な条件は、「自分を英語スピーカーとして変貌させたい」という情熱です。英語を学ぶ上で、素質や才能は全く関係ありません。肝心なことは、「やるか・やならいか」、即ち、「学ぶか・学ばないか」ということです。

教室の面談を受ける上で、現在の英語力は一切問いません。講師であるわたくし生井利幸に自分の心を預け、まさに今「ゼロから始めたい」と切望している人は、是非、教室の面談を受けてみてください。腹を決めて行動を起こせば、必ず、先が見えてきます。

講師の紹介(教育理念、人物、プライベート・ライフ等)

⇒ 講師のプライベート・ライフ
⇒ 教室の特徴
⇒ 講師の考え方
⇒ 私が、銀座に、“小さな英会話教室”を開いた理由
⇒ 講師としての決意表明