英会話道場イングリッシュヒルズ 道場で究める「英語道」

the pangs of conscience(良心の呵責)

2012年05月29日 | Words and Phrases |

“the pangs of conscience”は、いわゆる「良心の呵責」という意味を成す。conscienceは、「良心」、即ち、「個人としての道徳意識」を意味し、pangは、「心の痛み」を意味する言葉である。the pangs of conscience(良心の呵責)について論じるとき、まず第一に、「良心とは何か」という問題について考察しなければならない。本来において、conscienceとは、一個人としての道徳意識を指し、<1>「何が善であるか」(What is good?)、<2>「何が悪であるか」(What is evil?)という、人間が行う行為についての“超・個人的意識”を指すものである。

conscienceの概念を考察するとき、言うまでもなく、”morality”(道徳)の概念との比較を避けて通ることはできない。moralityとは、特定の社会において、構成員たる個人個人が、相互における共通認識として遵守するべき道徳規範を指すものである。人間の行動における道徳意識を捉えるとき、超個人的な意識がconscience、社会一般において広範に認識されるべき意識がmoralityであると捉えると、この二者における相違についての理解が明確となる。

英米では、the pangs of conscience(良心の呵責)は、会話の状況に応じて他の言葉でも表現される。例えば、(広義に解釈する)「良心の呵責」は、(1)a twinge of conscience, (2)remorse, (3)qualm等でも表現することができる。それぞれの言葉は、会話の文脈の流れに応じて使い分けることが期待される。(1)の場合、twingeは、一本の針で自分の心が刺されるような感覚を表現する際に効果的。心の奥底に潜む一個人としての道徳観念が、“極めて細く、且つ、頗る鋭利な一本の針”で突かれている如きイメージ。(2)は個人個人が自らの心の中で抱く罪悪感(guilt)から生まれる「罪の意識」(compunction)を指す概念。(3)は、自分が行った行為についての心配・不安・気のとがめ等から生じる超・個人的意識。