英会話道場イングリッシュヒルズ 道場で究める「英語道」

“Time flies lke an arrow.”

2013年07月19日 | Essay |

毎日、時間はあっという間に過ぎ去っていきます。まさに、”Time flies like an arrow.”(光陰矢の如し)という諺は真実であると明言することができます。

私の一週間は、毎日が、熱心に英会話を学ぶ受講生と過ごす「素敵な時間」(charming time)の連続です。教室で教える私自身、常に心から喜びを感じていることですが、とにかく当・英会話道場イングリッシュヒルズの受講生は皆、学習意欲がかなり旺盛です。

受講をスタートする時点における英語力は人それぞれですが、「とにかくレヴェル・アップを図りたい」、「日本語と同じように、自分の年齢や経験に応じた英語が喋れるようになりたい」という願望を実現するべく、受講生の皆さんは、常に、一つひとつのレッスンを本当に大切に捉え、本当に一生懸命に学んでいます。

レッスンを通して様々な受講生を見ていて、私自身、様々なことを感じます。その中で、いつも強く感じることは、「毎日忙しく生活している人ほど、すこぶる熱心にレッスンを受け、宿題のやり方も実に丁寧である」という事実です。

昔から、西洋文明社会でも、あるいは、東洋文明社会でも、「何か用事を頼むなら、忙しい人に頼むといい」と言われています。ステレオタイプの発想法で考えると、用事を頼むなら暇な人に頼むべきだと考えるのが普通ですが、実際、暇な人に頼むと、いつになってもその用事をやってくれません。

しかし一方、毎日様々なことにチャレンジして時間を有効に活用している人は、他人からの依頼内容を実行するための時間をすぐに捻出し、「スッ」と、それを片付けてしまいます。

この発想法で考えると、「暇な人は、”単に暇”というよりも、『時間を無駄にしているだけである』」ということがわかります。これまでの人生において、アメリカ人はもとより、世界中の人々とコミュニケーションを図ってきた私自身、このことを切実に感じます。

「自分を大きく成長させる」、・・・このことを確実に実現させるためには、常に、「限られた時間」を一体どのように有効に使うかということを、厳格、且つ、堅実な精神を基盤として思索することが必要です。

英会話の習得は、まさに「時間との勝負」です。一日は、どんな人においても、たった24時間しかありません。普通の人であれば、日々の”24時間”という時間的空間の中において、睡眠時間に5,6時間、仕事に8、9時間前後、朝晩の通勤に往復で2時間程度、・・・このように考えると、英会話を学ぶ時間は「極めて貴重な時間的空間」です。

「忙しい人」(busy person)は、時間を有効に使う人(a person who uses time effectively)の”代名詞”でもあります。忙しい人にとって、時間は本当に貴重な代物です。ですから、そのような人は、自分なりに工夫を凝らし、限られた時間を最大限に活用して本気で学ぼうと奮闘します。