英会話道場イングリッシュヒルズ レッスン日記

銀座書斎で迎えるクリスマス・シーズン

2012年11月28日 | 講師と受講生のコミュニケーション |

いよいよ冬本番となり、クリスマスまで一ヶ月を切りました。

銀座書斎では、先週末に、クリスマスの飾りつけを行いました。受講生の皆さんの中には「飾りつけをお手伝いします」と言ってくれた人もいましたが、あいにく時間の調整が間に合わず、最終的には、一人で飾りつけを行いました。

先週は、受講生・T.A.さんがクリスマス用リース(wreath)を銀座書斎に持ってきてくれ、ご厚意に甘え、書斎に飾らせていただきました。銀座書斎では、毎年、11月中にクリスマスツリーを出しますが、これは、例年の恒例の行事となっています。

クリスマスの飾りつけは、毎年、「受講生の皆さんが、最低1カ月間は楽しめるように」と考えてスケジュールを組んでいます。クリスマスツリーやその他のデコレーションを見ていると、「温かい心」になれます。今年も、受講生の皆さんと共に、「温かい心」を持って、また、クリスマスを迎え、新年を迎えたいと思います。

今、私は休憩時間をとっていますが、おやつに、受講生・S.H.さんから頂戴した美味しいみかんをいただいています。S.H.さんは、先週末、ご家族と共に、西伊豆で休暇を楽しまれ、静かな海を満喫してきたそうです。

このところ、受講生の皆さんにおいては、教室ウェブサイトに掲載している新教材をしっかりと学び、自分なりにノートに整理し、レッスンの前半部分を使って教材に関する講師独自の講義を受けています。ますます学習意欲が高まっている受講生の皆さんのためにも、私自身、さらに自分を律し、そして、厳格なる精神で、「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」へとご案内していきます。

受講生・S.H.さんからいただいた美味しいみかん

受講生・T.A.さんからいただいたクリスマス用リース

銀座書斎に飾ったクリスマスツリー