英会話道場イングリッシュヒルズ レッスン日記

[受講生必読] 「最新の学習教材」の勉強方法について

2012年10月30日 | 講師の教授内容 |

現在、当・英会話道場イングリッシュヒルズのウェブサイト・トップページ左端(レッスン日記)にて、受講生の皆さんが、講師が作成した「最新の学習教材」の掲載が一目でわかるようにしています。

講師は、毎日、「一体どのようにしたら、当教室の受講生のすべての皆さんが、よりクオリティーの高い方法で『国際的教養・品格を備えた英日バイリンガル』として変貌を遂げることができるか」と、時間を捻出し、その都度、思索・検討を重ねる日々を送っています。私自身、本稿でプライベートな問題を述べると、毎日24時間、過酷なスケジュールの下で時間を過ごしており、毎日、まさに、「分刻みのスケジュール」をこなしています。

生井利幸公式サイトをご覧いただくと一目瞭然ですが、私自身、主な活動は、単行本の執筆(現在、新作に取り組んでいます)、講演活動、企業等への顧問業務、その他、様々な社会貢献活動を行っています。受講生の皆さんが英会話を学んでいる「英会話道場イングリッシュヒルズ」は、生井利幸事務所が行う活動の一部門であり、わたくし生井利幸は、教室の活動においては、国際教育の一環として、「自らの体力の限界」と闘いながら、さらに時間を捻出する日々を送っています。

「最新の学習教材」については、「一ヶ月に一つか二つ」のペースで、無理のない形で学習していくことを強くお勧めします。「一ヶ月に一つか二つ」、自分の興味に応じて最新教材を選択。まずは、最新教材を実際の紙にプリント・アウトしてください。英語音声の特別講義の場合は、何度も何度も聴き込み、まずは、ディクテーションを実施。その後、自分なりに内容を整理してみてください。その際、ノートに絵や図を描いて整理すると、当初「抽象的で難しい」と感じた講義内容であったとしても、次第に「具体的なイメージ」がわくようになり、やがて、講義内容についての「理解の到達」に及びます。

英語音声による特別講義は、講義している内容が相当深いため、ただ単に、聞き流しているだけでは、お話にならないほど、「理解の到達」に及ぶことはありません。昔から、海外でも日本でも、大学でわたくしから指導を受けた学生は、皆、自分なりにノートに整理しています。

(1)「文書による教材」であっても、(2)「音声による教材」であっても、ノート作りは「基本中の基本」となります。ノートを作成することなく、ただ「読み流し」「聞き流し」を行っても、講師が教授したい内容について整理・理解することは極めて難しいでしょう。

講師は、受講生の皆さんが想像する以上に、「相当の手間暇・エネルギー」を使って、受講生の皆さんに対して”wisdom”(知)を発信しています。受講生の皆さんに対して発信するwisdomのすべては、言うまでもなく、受講生の皆さんが、より妥当な方法で、「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガル」として変貌を遂げる上で必須のwisdomです。

ノートは、「月に4回のレッスンを復習するためのノート」とは別のものを用意してください。最新の学習教材、あるいは、Extra Homework等の学習は、自分なりに独自のノート・ファイルを作成し、(1)「自分用ノート」として、楽しみながらノート・ファイルを作成してください。レッスンの際には、そのコピーを(2)「講師提出用ノート」とすると、学習の方法がかなり整理され、「学習に対する遣り甲斐」も相当違ってきます。

受講生の皆さんはそれぞれ大人の方々ですので(レッスン中に)講師はあえて述べませんが、ノートの作り方(学習の方法)には、「ご本人の品格」が現れます。興味深い現象ですが、このことは、全世界共通です。受講生の皆さん、学習教材の勉強においては、是非、楽しみながら、「自分磨きを行うための重要な知的活動」だと捉え、一つひとつ、心を込めて丁寧に取り組み、「自分独自のチャーミングなノート」を作成してください。一つひとつ、少しずつ心を込めて丁寧に取り組めば、必ず、これまでの人生では経験しなかった「劇的な成果」を出すことができます。

最新の学習教材の学習成果をまとめたノートを作成した受講生は、その都度、講師用コピーを用意し、「60分レッスンのスタート時」に講師に提出してください。講師用コピーを提出した受講生に対しては、レッスンの前半部分を活用して、英語で、「学習教材に関する学術的講義」を行います。講義は、すべて、受講生における現在の英語力、これまでの人生経験・社会経験、基礎学力、見識等を鑑み、受講生ご本人にとって最も妥当な方法・英語レヴェルで行われます(”Extra Homework”の学習成果の提出・発表と重なる週においては、”Extra Homework”の学習を優先させてください。”Extra Homework”と重なる週のレッスンにおいては、”Extra Homework”用のノートの提出だけで結構です)。

今後は、「最新の学習教材」、及び、”Extra Homework”における学習成果は、オリジナルのノートの確認は行わないことにします。確認は、すべて、「講師用コピー」で行います(講師用コピーには必ず氏名を記入してください)。週4回の通常レッスンの復習用ノートは、今まで通り、しっかりと確認します。

最後に、このたびの指導内容について整理します。今再び、以上述べた事項に関して、さらに、わかりやすい方法で説明します。

受講生の皆さんにおいては、まず第一に、「最新の学習教材」、あるいは、”Extra Homework”においては、楽しみながら(1)「自分専用のファイル式・ノート」を作成してください。講師に対しては、それと全く同一のものを(2)「コピー作成」してください。このようなシステマティックな発想法で学習していくことにより、個々の学習内容が整理され、後に、一度学習した内容について復習する際にも、「一目瞭然で、復習したい過去の学習内容」を探し出すことが容易になります。

受講生の皆さん、これからも、講師の指導・助言を基盤として、「自分独自の”wisdom”(知)の空間」を構築していってください。受講生の皆さんが「講師が真心で管理・維持している『銀座書斎』(Ginza Sanctuary)」で学ぶ意義は、まさに「受講生の皆さんにおける『知への旅』」のためにあるのです。

講師は、いつ何時においても、「真心」を基盤として継続的に努力し続けている受講生を全力で応援します。