英会話道場イングリッシュヒルズ レッスン日記

教室ウェブサイト・全面リニューアル・オープンのお知らせ

2012年09月30日 | お知らせ |

本日、ようやく当教室ウェブサイト・全面リニューアル・オープンを果たしました。私自身、まさに「体力の限界」まで頑張りましたが、この場をお借りして、ご協力をいただいた関係者の皆様方に心より感謝の意を申し上げます。

ウェブサイトの全面リニューアルを成し遂げるには、新しくウェブサイトを構築する作業と同じくらいの労働量が必要となります。今回の作業は、生井利幸事務所の通常業務を続けながらの作業でしたので、結局、夜遅くに自宅に戻った後も朝まで作業を続けるという方法以外、時間の捻出方法がありませんでした。

全面リニューアルにおける最大のテーマは、「現在、教室で学んでいる現役受講生にとって『閲覧しやすいウェブサイトの構築』」でした。講師は、今後も、さらに時間を捻出して新しい学習教材を掲載していきます。受講生の皆さん、「自分の学習ペース」を堅持し、さらなるアップグレードを図るべく、全身全霊で学習に学習を重ねていってください。

「本気」でやれば、必ず身に付きます。逆に、やらない人は、何ら、身に付くことはありません。人生の行く末は、結局、「本気でやるか・やらないか」で大きく変わります。当・英会話道場イングリッシュヒルズは、常に、「本気でやる人」に対して最大限の指導・助言を行う教室です。



近日中に、当教室ウェブサイト、全面リニューアル・オープンの予定です。

2012年09月26日 | お知らせ |

現在、当・英会話道場イングリッシュヒルズ・ウェブサイトの全面リニューアルの作業を進めています。当教室は、常に、「今現在、実際に受講している現役受講生のより良い学習環境づくり」のために、新教材、講師の教授内容、受講生の学習状況など、かなりの頻度で盛りだくさんの内容を掲載し続けています。そして、このたびは、さらに教室ウェブサイトの構造を再構築・アップグレードを図り、より見やすいウェブサイトとして生まれ変わります。

先週と今週は、時間的な制約もあり、自宅でも睡眠時間を削ってウェブサイト再構築のための作業をしており、まさに、自分自身の「体力と精神力の限界」と闘っている日々を送っています。このところ睡眠不足が続いていますが、現在、「全面リニューアルまでもう一歩」というところまで来ていますので、受講生の皆さん、もう少々お待ちください。全面リニューアルの後は、順次、新教材を掲載していきますので、受講生の皆さん、どうぞ楽しみにしていてください。さらに、新しい教材を執筆し、「深遠なる英語の世界」へとご案内していきます。

当教室は、常に、「本気で学ぶ受講生」、即ち、「本気で、国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルとして変貌を果たしたい」という受講生の夢の実現のために「120パーセントのエネルギー」を使う教室です。受講生の皆さん、これからも自分のペースを堅持し、「心の中の『学びの熱情』」をさらに燃やしてください。わたくし生井利幸は、本気で学ぶ受講生を常に応援しています。



毎日、心の中の「熱情」(verve)を燃やし続けながら一秒一秒を刻んでいる受講生・T.A.さん

2012年09月20日 | 受講生の学習状況 |

先日、受講生・T.A.さんから、温かい心がいっぱいの絵葉書をいただきました。

また、本日は、T.A.さんから以下のような心温まるメッセージもいただきましたので、こちらもご紹介したいと思います。

・・・・・・・・・・
親愛なる生井先生へ、 こんにちは! 先日のレッスンも、厳粛な中に温かさがあるレッスンでした。いつも本当にありがとうございます。席がえをされて、少しでも背中の痛みが和らいでいますように。改めて、先生が全身全霊をかけて行うレッスンが、まさに命を削って行うレッスンであることを痛感しました。先生の削られた命を、ボイスレコーダーで繰り返し聴き、感じ、考えて、私の血となり肉となるよう復習に励みます。先生、昨日送ると約束したPDFを遅くなりましたが、送付いたします。ノートのページ番号にふり間違いがあり、本日再度PDFにいたしました。多くの受講生の方々が、教養講座の内容を楽しみにされていると伺っております。遅くなってしまい、申し訳ありません。お時間のある時に、ご確認いただければと思います。また、先生の公式サイトにアップされていれば、受け取っていただけたと分かりますので、ご返信は不要です。公式サイトにアップされるのも時間がかかる作業だと思います。お忙しい中、私たちの為に貴重なお時間をいつも使ってくださることに感謝申し上げます。それでは、私はこれからランチです! 先生は栄養のあるランチ、召し上がったでしょうか。先生のご健康をいつもお祈りしております。次回のレッスンでも先生の笑顔が拝見できるのを楽しみにしています! 愛情と尊敬を込めて
・・・・・・・・・・

T.A.さんは、長い期間にわたって、当・英会話道場イングリッシュヒルズで英会話を学んでいます。T.A.さんは、常に、当教室のレッスンを全身全霊で受講し、次のレッスンまでの間、毎日、ボイスレコーダーをフル活用してレッスンの復習に励んでいます。T.A.さんは毎日、朝から晩まで会社に勤務。ご家庭をお持ちですので、もちろんご家庭での家事もあります。近年は、加えて、大学の通信課程で心理学を専攻され、学習課題をしっかりとこなして単位を取得。現在、卒業と学位取得を目指して日々勉強に励んでいます。

T.A.さんが当教室のレッスンを受けるのは、毎週一回、午後8:10~9:10の時間帯です。かりにレッスン終了後、急いで自宅に戻ったとしても、家に到着するのは午後10:40分頃だとうかがっています。T.A.さんは、今年からは、厳しい選考試験を通過し、生井利幸事務所・2012年度社会貢献事業、教養講座「哲学」(総論・各論)の講義の受講もスタートしました。国際共通語としての英語の学習に加え、「すべての学問の基礎としての『哲学』」、「国際的教養の基盤としての『哲学』」を学んでいます。

また、T.A.さんは、国際的に通用する日本人として自分を磨き抜く目的で、週末を利用して茶道の教室にも通っています。T.A.さんは、「時間の価値」がわかる大人の女性。一個の人間に与えられた時間は「極めて短い時間的空間」です。「一日24時間」という限られた時間的空間を本当にエネルギッシュに使いこなし、毎日、「心の中の『熱情』(verve)」を燃やし続けながら一秒一秒を刻んでいます。



“spring of voice”

2012年09月19日 | 講師の教授内容 |

「”spring of voice”(声の源泉)とは、一体どのようなものなのか」、「声の源泉」について詳しく知ることは、とりわけ、英語の発音・アクセント・イントネーションを習得する上で、極めて重要な基礎条件となります。

逆に述べるならば、英語の発音・アクセント・イントネーションはもとより、「格調の高い英語の話し方」、「教養のある英語の話し方」、「世界の教養人を相手にしっかりとコミュニケーションが図れる英語力」を養うためには、ただ単に「英語の音」だけを聴いているだけでは、何ら効果的な学習となることはありません。「”spring of voice”(声の源泉)とは、一体どのようなものなのか」、受講生の皆さん、今一度、原点に戻って、このことを考えてみてください。

「英語の音」には、様々な構成要素が内在しています。受講生の皆さんが望む「品格のあるエレガントな英語」を習得するには、英語の音そのものだけを聴くのではなく、「英語の音に内在する構成要素」についてしっかりと理解する必要があります(講師は、必要に応じて、実際のレッスンにおいても、教室のウェブサイト上でも、きめ細かく詳細に説明しています)。

「格調の高い英語」、「品格のあるエレガントな英語」を習得する上で重要となる基礎条件については、以下のノート(Lesson Extraordinary受講生・M.U.さん作成)の内容について時間をかけて丁寧に熟読すると実に鮮明に理解することができます。

今回掲載したノートの内容について質問・相談等がある受講生は、講師に直接訪ねてください(電話でも結構です)。



Extra Homework 12

2012年09月15日 | Extra Homework |

本日、”Extra Homework 12″を発表します。すべての受講生は、以下の方法で”Extra Homework 12″に取り組んでください。

<1>
2012年9月14日(金)、「道場で究める英語道」において掲載した英語音声ファイルの特別講義、”The importance of reading practice”を何度も何度も聴き込んで、「講師が伝えたい本質」について自分なりに推察する。

<2>
「毎日、一体どのような精神基盤を下に基本テキストの音読を行うべきか」について、改めて、自分なりに再考する。

<3>
日本語で、日々の練習についての「自分の考え」、そして、「新たなる決意」をまとめる。
その後、日本語でまとめた記述について、レッスンにおける発表用として、英語でまとめる。

<4>
上記<3>で書いた日本語と英語の記述を、講師用としてコピー一部を作成する。

<5>
提出と発表のスケジュール
2012年9月24日(月)~9月29日(土)

<補足>
今回の課題は、、”Extra Homework 11″と深い関係性があります。取り組む課題は、一見するとシンプルのように感じられますが、実際は、この”simplicity”の中に究めて重要な本質が内在しています。(1)「エレガンスの基礎」、そして、(2)「究極のエレガンス」を追及したい受講生においては、この課題は今後の学習の方向性を大きく左右する学習となります。

今一度、心を落ち着け、「静寂の中」で自分を見つめ直し、深い思索を試みてください(騒がしい環境の下でこの問題について考えても、何も見えてきません)。質問・相談等は、平日・週末を問わず、講師の携帯電話に直接かけてください。



次ページ »